2016年11月17日木曜日

罠猟、今季一頭目は…?


15日に猟期が始まり今日で三日目。

14日に雨が降り山がきれいになり動物の新しい痕跡がよく分かる。


それと同じように自分の足跡も丸わかりだ。


そんな状況だったが15日16日17日と3日で30個の罠を山に仕掛けた。

猟を先輩に教わりながら始めたときは、30個も山の中で覚えるなんてまず無理だと思っていたが、いざ自分でやりだすと、案外覚えられるんだね。

たまにうっかり忘れてしまって自分の罠にかかってしまうこともあるのだが…


今朝は一昨日、昨日と仕掛けた罠の見回りから始めた。


罠に行くまでの道のりに新しい動物の痕跡があると期待度が一気に増す。


今朝、罠の手前でイノシシが地面を掘ってる痕跡があった。

実はここは昨日罠を仕掛けたのだが、仕掛け終えたときにばったり猪に遭遇していた。


期待を膨らませながら慎重に罠近辺を見渡す。

動物はいない…。

しかし罠は作動している。

空はじきというものだ。

空はじきとは動物が罠を通って作動したが、罠にかからなかった時のことを言う。

罠の端っこに丁寧に足跡を残して行ってくれた。

ほんの数センチで獲れるか獲れないかの明暗を分ける。

今回は思ったところを踏ますことが出来ていなかったのだ。

もう一度罠をセットし直し、次はしっかりと罠の真ん中を踏ますように細工する。


気を取り直し、見回りを続ける。

そうすると罠がある方向から何やら音がした。

山の中でいるとこういう音に敏感になる。また期待を膨らまして行くと小鹿がかかっていた。


毛皮は少し夏毛の名残がまだ残っていたが毛ざわりはとっても良かった。


今季始めての鹿なので晩御飯に背ロースと心臓とタンとレバーを頂いた。

写真は上が心臓、左下がレバー右下がタン


僕は鹿のお肉で一番好きなところはタンだ。

牛のタンとは違いお肉全体が筋肉の固まりみたいな感じで、こりっこりしていて噛めば噛むほど味が出る。


冷凍庫の準備が出来ていないのが心配ごとの一つ…。






1 件のコメント:

  1. 幸先がいいですね おめでとうございます。

    返信削除